仮面ライダーゼロワン 10話 あらすじ ネタバレ!11話から14話までのタイトル&監督も判明?!

3日がお休みだったので、
あの衝撃の次回予告から、
かなり時間が経ったイメージですね!

10日の10話はその衝撃のお話。
どうやら10・11話の
2話完結での話のようですよ。

Sponsored Link

仮面ライダーゼロワン 第10話あらすじ

「おれは俳優、大和田伸也」
脚本:筧昌也 監督:中澤祥次郎
新開発の俳優型ヒューマギアと、
大御所俳優・大和田伸也が共演するスペシャルドラマが企画された。
先の医療用ヒューマギア暴走事件で低下した会社のイメージを回復されるためにも、
社長である或人はドラマ制作に全面協力することに。
一方、幾度もゼロワンの暗殺に失敗していた滅亡迅雷.netの暗殺特化型ヒューマギアは、
強さを求めて大和田の元を訪れる。
彼は時代劇でみごとな殺陣を見せた大和田を一流の暗殺者だと誤認し、
その教えを請いに来たのだが・・・。

あらすじだけみると、
中々なストーリーですよね・・・www

時代劇の殺陣を見て暗殺者と勘違いするとか、
会社イメージ回復のために
スペシャルドラマ企画する、とか・・・汗

いやいや・・・って感じですが、
その辺の幼稚な設定は、
ゼロワンお約束とすでに認識された
感がありますね。

そんな子供向きな設定でも
大人にビシッと「刺さる」セリフが、
言い回しがあるんですよね~(^^)

今回のあらすじにも、1箇所、
「おっ?」と思うところがありますね。

“幾度もゼロワンの暗殺に失敗していた~”
ていうところ。

そこ認識してて、
さらにそれを克服しようとしてるんだ?

って思いますよね。
そんな考え方することなかったからな~
ある意味、ずっと倒せないのはお約束だし。

そこがゼロワンのニクいところ。

ちなみに、衝撃だった大和田さんも
楽しみにしてらっしゃるようですよ。

楽しみにしましょう♪

第11話~第14話タイトル&担当脚本・監督

11話/サブタイトル非公開 脚本:筧正也 監督:中澤祥次郎
12話/サブタイトル非公開 脚本:非公開 監督:非公開
13話/サブタイトル非公開 脚本:非公開 監督:非公開
14話/サブタイトル非公開 脚本:非公開 監督:非公開

これは・・・!

全て非公開です。

撮影は完全に終わっているはずです。
なので、決まってないことはないので、
「敢えての」非公開ですね。

すでに以前公開された雑誌内では、
12話の監督は”柴崎監督”と
記載されていましたね。
他は非公開でしたが・・・

11月はザイアが動き出す、という
告知もありましたので、

「非公開」ということなんでしょうかね~

ゼロワンのタイトルって、
結構”そのまま”ですし。

これは、期待大!ですね!!

まとめ

9・10月は台風などで
撮影も大変だったと思われますので、
多少押していることは考えられますが、
さすがに当月放送分がまだ、
ということはあり得ないと思いますので、
ここは、「キーポイントだから非公開」
とみて問題ないでしょう。

ザイアの社長が誰なのかも
かなり楽しみですし(^^)

個人的には、まさかあの人じゃ・・・?
とは思ってますけどね~
佐野岳さんが東映に!!アクションあり!しかも・・・って??

Sponsored Link

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です