磯野家の人々~20年後のサザエさん~大人気のラブリカが今度はアナゴさんになっちゃった!!

仮面ライダーエグゼイドで
天ヶ崎恋/ラブリカ役で出演した
俳優の小手伸也さん。

つい最近まで「まだアルバイトしてる」
な~んておっしゃっていたのに、
あれよあれよという間に大人気に!

そんなラブリカが、
今度は”あの”アナゴさんを演じる!!

Sponsored Link

小手伸也さんと天ヶ崎恋とは?

仮面ライダー、いや、
仮面ライダーエグゼイドがお好きな方なら
知らない人はいない、
濃厚キャラ・天ヶ崎恋を演じた
小手伸也さん。

それがどれほどの影響と衝撃を与えたか、
というと、「天ヶ崎恋の登場回は5話」
と言えば、お分かり頂けるかと思います。

その少ない出演の中であまりある程の
アクの濃さ!!

仮面ライダーエグゼイドは、
他にも多数の濃厚こってりな
キャラクターがいる中、
唯一無二の存在として、
未だファンの記憶から
消えることはありませんし、
愛されつづけています。
www

24話~27話までがメインで登場しますので、
見たことない方はぜひ!
脳裏から離れなくなりますw

最初登場した時には、
あの顔の濃さと体型、
キャラのギャップが凄すぎて、
違和感すら感じましたが、
まるで「くさや」のように、
食えば食うほどその魅力の虜にw

そんな小手さんは、
下積み時代の長い苦労人。
エグゼイドで人気者になれる、と
思っていたそうですが、
そこまでではなかったそうで、
つい最近までアルバイトをしながら
家族を支えていたそうです。

そんな小手さんが注目されたのが
「真田丸」の塙団右衛門役。
その後、「コンフィデンスマンJP」や
「SUITS/スーツ」などに出演。
自ら「シンデレラおじさん」と言うほど、
大ブレイクしています。

最近では朝ドラ「なつぞら」にも
出演されていますね!

これもヤバイ顔・・・www

エグゼイドもとても愛してくださり、
Twitterでも度々エグゼイドファンへ
コメントを投稿しています(^^)

小手伸也さん演じるアナゴさん

そんな訳でライダーファンなら
盛り上がるに違いないこの組合せ。

ラブリカ役の小手さんが、
スクラッシュドライバー音声の
若本規夫さんが演じている、
「サザエさん」のアナゴさんの
20年後を実写役で演じる・・・

キャラが大渋滞ですよwww

しかも、なんだろう・・・
全然見た目は似てないのに、
小手さん、20年後のアナゴさんに
見えます・・・

不思議(^^)

声も若本ボイスに”若干”寄せてるそうw

役どころとしては、

マスオの同期入社で
20年後も変わらず海山商事で
営業に勤しむ穴子。

なんと言ってもアニメでは、
27歳とは思えない“老け顔”が印象的だが、
20年経って逆に年齢よりも少し
若く見られるようになった。

マスオとともに出世をするも、
部下である新入社員たちが、
いわゆる“ゆとり世代”で、
コンプライアンスにうるさい時代にもなり、
強いことも言えず、
逆に新入社員に気を遣う日々を送っている。

そんな穴子の気晴らしと言えば、
20年前と変わらず、公私ともに仲の良い
マスオとの“帰りに一杯”。

仕事の愚痴などを言い合いながら、
一杯ですむわけもなく、
夜は更けていく・・・。

という、「THEおじさん」ですねw

どうしてもアニメの、あの、
”アナゴさん”のイメージが強いので、
20年後とは言えども、
若本ボイスによせつつもモノマネに
ならないようなラインで演じるのが
難しかったそう(^^)

これは気になりますね!

スペシャルドラマ「磯野家の人々~20年後のサザエさん~」概要

フジテレビ開局60周年記念・
アニメ「サザエさん」放送50周年記念
天海祐希主演スペシャルドラマ
「磯野家の人々~20年後のサザエさん~」

放送日:11月24日午後8時

キャスト
サザエ(44歳)・・・天海祐希
マスオ(48歳)・・・西島秀俊
カツオ(31歳)・・・濱田岳
ワカメ(29歳)・・・松岡茉優
タラオ(23歳)・・・成田凌
フネ(70代)・・・市毛良枝
波平(74歳)・・・伊武雅刀
ヒトデ(17歳)・・・桜田ひより

あらすじ:
アニメで描かれる世界から20年が経ち、
カツオは野球選手、漫画家など、
夢見ては挫折を繰り返し、
今は商店街の洋食店でシェフをしているが、
経営がうまくいかず
幾度目かの挫折の危機に直面している。

ワカメはアパレル関係の
デザイナーをやっているが、
なかなか自分のデザインが採用されず
悩んでいる。

タラオは就職活動中だが、
やりたいことが見つからず
面接で玉砕の日々を送っている。

また、波平は定年退職を迎えて
時間的余裕ができ、
カツオたちへの将来を
今まで以上に案ずる一方、
距離感の取り方がわからず
歯がゆい思いを抱えている。

そんな夫・波平と磯野家の人々の姿を
あたたかな愛情で見守るフネ。

マスオは出世したものの、
中間管理職として
板挟みの会社員生活を過ごしている。

サザエとマスオの娘であるヒトデは
年頃の恥ずかしさで
サザエと距離をとってしまう。

もやもやとした曇り空模様の磯野家に
明るい太陽のような笑顔を取り戻そうと
サザエは奮起する。

盆踊り大会に家族みんなで集合!
と呼びかけるが、天気予報によると
急に発生した嵐が近づいてきており…。

やりたいことをやっていたのが、
いつの間にか、やらなきゃいけないこと
ばかりを考えるようになった磯野家。

果たして、サザエは再び、
あの頃の太陽のように温かな磯野家を、
取り戻すことができるだろうか―?
参考 磯野家の人々~20年後のサザエさん~フジテレビHP

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です